本文へスキップ


Blog「人生はマジカルツアー ~夢を叶える日記帳~ 
こちらもどうぞご覧くださいませ!  

マスタリープログラム&リリーブ個人セッション感想

感想をお寄せ頂きまして、ありがとうございました!

 M様 2017/6/17 up  <マスタリープログラム2017>
これまで、パートナーとたくさんの学びを終えてきました。

「 もうパートナーとは、今のままで大丈夫!」という
私の自惚れた、思い上がった思いがあったんです。

そこに、隙間が生まれていたなんて~

なかなか認められずにいました。


パートナーを褒めて頂いた事も、最後まで認めたくなかったんです。

認めると、私がパートナーと不釣り合いで、ダメダメな奥さんだと、
エゴがうるさく、しつこく、つきまとっていたからです。

アチューメントを受けて、波動水を飲み続け、
だんだんと直ぐに眠りに付くことができるようになっています。

パートナーも以前よりも眠れているように思います。

アドバイス頂いた、お弁当もそうですが、靴の裏磨き、
また一方的なハグ(笑)になっちゃっていますが、喜んで毎日続けています。

チャクラを合わせてエネルギーを循環させる事もそうです。

いつも、大切なパートナーの事を忘れず、
隙間なく隣にピッタリ寄り添っていきます。

今回も、古いエネルギーを見逃さずに明るみにさらけ出せて、
解放できて良かったです。

とっても大事な有り難い学びになりました。

ありがとうございました。

 M様 2017/5/20 up  <マスタリープログラム2017>
私は3月から、自分をしばっている思い込みをはずし、癒す作業をしてきました。

想いを寄せた方との関係から学んだ事は、
人の気持ちに左右されないで自分軸をもつこと、
あ りのままの自分でじゅうぶんな価値があることを認めることでした。

アチューメントを受けたあとは、
幸せ感に包まれて感謝ができたり、まわりのことを思いやる気持ちも増えました。

ちょっとしたことでとらわれることがあっても、早く囚われからもどれるようになり、
また、囚われる
自分にダメだししないなど、目覚ましく変化してきました。


囚われから離れて次に浮かんでくる言葉は、どうせわたしなんてだめなんだ。
バカにしやがって…でした。

趣味のことをしているときに、
たくさんの人の前でばかにするような表現をされたり、
なじられるような言い方をされたり、
わざとこけ下ろす言い方をされたり。
一生懸命やってるのに、わからないから聞いているのになぜなんだろうと
悲しい気持ちを押さえながらいました。

あと、実家の母と以前よりは仲良くできるようになっていたのですが、
でも会いたくなくて、会っても長くいるのが苦痛でした。
嫌いではないのにいるのがいや。
素直な気持ちでした。

みなさんとお話するなかで、思い出したことは、
母は昔からわたしを励ますつもりで、いろいろ言ってくれていた言葉が、
わたしにとっては、自分へのだめだしとプレッシャー、
他者との比較の罠に落ちる呪文になっていました。

何度も何度もくりかえし、
やらないわたしに、
できないわたしに伝える言葉は、
わたしの価値を自分で下げる呪文となり、深く深くしみこまれていました。

それがいつしかたくさんたまって怒りとなり、
母を拒否したくなる行動になったのでした。

長くたまった感情は、呪い、呪縛であり、
趣味の時間での他者の行動は、
恥じの感覚をおもいださせるためのものだと気づかせてもらいました。

ほんとにしんどくて、苦しかった。
でも、もうそこにいなくてもいいと思いました。


アチューメントをうけたとき、
わたしが一人でたち、すこし距離があるところから仲間が見守ってくれてました。
最初は、一人で寂しい近くにきてよと思ったのですが(笑)、
だんだんひとりで立つことに不安が
なくなりました。このままでよくて、ひとりでたてるんだと思えました。
なにかからだの中からからエネルギーがわいてくる強い感覚がありました。
とても心地よい感覚です。


あのあと日常では、
だめだしをしないで、
できることをやり続けたり、アイデアがうかんで形にできたりと、
前とは違う自分がいます。

いろんな人と関わり、意見を聞いて修正できたりと、
だめだししないでいられる自分になってきました。

また趣味の時間でも前のような言われ方はされなくなり、
たまにからかわれることがあるくらいになりました。

もしかしたら、からかっていたつもりのこともあったのかもしれない、
私が真に受けるから腹をたててエスカレートしていったのかもなーと思ったりしました。

自分の意識がかわると、見える世界がかわる。
行動もかわる。
すごく新鮮で楽しい毎日です!

ありがとうございました。


 S様 2017/5/20 up  <5月Relieve個人セッションDAY>
この体の反応は、約8年前から始まりました。

ある食べ物を口にすると、舌がザラザラで痛いような感覚。
そして、全身緊張した後に力が抜けて…気が遠くなる反応。

何が起きたのか?

この反応がでる食材が、ドンドン増えていく。
それも、大好物が恐怖になっていくのです。

数カ所の病院を受診しましたが、アレルギーと言われたり、メンタルの安定剤が出されたり。

そして、アレルギー=死と連想するのです。

心も体もドロドロに。

元々、食べることが大好きな私は、楽しく、美味しく食べられることが当たり前でした。
でも、それは当たり前ではありませんでした。

食べる事が、恐怖になり、生きるために食べる…それだけになりました。
そして、料理を楽しむことが出来なくて、家族の食卓にも影響しました。
辛いことです。

いつも、いつも…
食べる楽しさをとりもどしたい!解決したいと!願っていました。

この願いを、今回の個人セッションで、叶えたいと思い参加しました。

事前にアドバイスをいただき、体が反応する食材から浮かぶ人を整理してみました。

それは、嫁ぎ先の家族でした。

その家族の中に亡くなっ人がいて、私に影響があるとのこと。
夫の兄です。

血縁者では無い私のところに来るとは…。
どうしてなのか?
一瞬、混乱です。

わかってくれそうな人のところに来るもの…とアドバイスを受けました。

それから、気持ちを込めて光に還ってもらえるように願いました。

寂しかったそうです。
亡くなっことを知らない家族がいること。
大好きで大切な親や弟たちに、何もできず、迷惑ばかりかけていたこと。
感謝していること。

これを伝えてくれて、光へ還って行きました。

夫と私は、この方が亡くなってから、大好物と聞いたじゃがいもをホクホクに蒸し、皿に山盛りにして熱々の湯気も供えていました。

でも、いつからか私は、じゃがいもが食べられなくなっていました。

じゃがいも=夫の亡くなった兄

ここに、原点があったとは…。

そういえば、個人セッションの朝食に、夫がじゃがいもを食べたいと持ってきました。
恐るおそる触って調理しました。

そして、夫は、セッションの会場まで送ってくれ、待ってくれている間には、普段は食べないのに、じゃがいものお菓子を食べていて。

じゃがいも…サイン日だったのです。

やっと、食べることに明るい光がさしました。


何年かぶりに、ポテトサラダを作りました。
じゃがいもは、触っても大丈夫です。
もう1つ苦手なキュウリは、ドキドキしましたが臭いで吐き気は出ませんでした。

余ったキュウリで、漬け物まで作れました。

どちらも食べてはいませんが、私にとって、ものすごい変化です。
嬉しいです。

まだまだ、克服したい食材が沢山あります。
ひとつ1つ、やれることから行動します。

そして、リラックスし楽しんで食事が出来るようになります。

ありがとうございました。

 S様 2017/5/20 up  <マスタリープログラム2017>
私は子供の頃から女性の集団が苦手でした。

3人以上の集団になるともうダメで、
そういう人達と同じ空間を共有するのが辛く
猛烈な孤立 感に襲われます。

孤立感の中にいる時、私に何が起きているのか感じてみると、
一見 仲の良さそうなグループなのに
表面ではイイ人の振りをして
優しく振る舞ったり 人の趣味に共感したり誉めたりしているくせに、
本心ではバカにしていたり見下したり嘲ていたりするのが
はっきりと感じ取れてしまうのが 辛かったのです。

腐ってる…
気持ち悪い…

そんな不快感が続き2、3日寝込んでしまうほど精神的に消耗してしまいます。

私の人間嫌いや人見知りは
この敏感なセンサーが、特にネガティブな感情に反応していたからだと分かりました。

そんな学生生活も終わり、価値観や気の合う友達とだけ付き合えば良い状態でしたが
自分の子供が小学校に入学したのと同時に 昔の恐怖心か復活したのです。

・父兄(ふけい)同士のお付き合い
・子供の友達関係で起きていることが自分の事のように感じてしまう

やっと解放されたと思ったのに…

父兄さん達の言動や
どの子のお母さんと どの子のお母さんか仲か良いのかなどが気になったり、
私もママ友作らないと子供が孤立するんじゃないか…など
不安でいっぱいになりました。

子供が仲間外れにされれば
私が仲間外れにされている感覚になり

子供が先生に怒られれば
私が怒られているように感じ

とにかく考えることや悩みが増え
精神的にいつも不安定でした。


アチューメントを受ける際、
たくさんの波動水を作りました。

アチューメント中はサポートしてくださったマスタリープログラムメンバーの愛を感じ ハートが暖ま
り、とても安定した安心感に包まれました。

波動水を飲み続け 約3週間後
PTAの役員会で学校に行く用事がありました。

行く前にも波動水を飲みました。
2、3人の塊で賑やかにお話ししているお母さん達の集団から離れ座っていると
やはり孤独感が襲ってきました。

そこで私は目をつむり 深呼吸し 強く念じました。
「大丈夫 私はちゃんとこの空間に存在している」
何度も繰り返しました。
すると、不思議と気持ちが落ち着き 孤独感が薄れていきました。

無理して友達を作る必要はない
自分の役割(役員会)をちゃんと果たそう
と言う気持ちに変化したのです。

実はこの変化後の気持ちは 前から分かっていたことなのですが、
アチューメントを受けたおかげで 腑に落ちて、
自分の感覚と重なったと言うか 本当の意味で理解できるようになったのだと思います。

自分がリラックス出来るとちゃんと話しかけてくれるお母さん達もいて、
『本当は話しかけてほしかったくせに 私の方が無意識に壁を作っていたんだな…』
と分かりました。

それからは子供の友達関係も落ち着いて受け止められるようになり、
子供の気持ちを子供の立場で感じてあげられるようになりました。

腑に落ちたと同時に
不思議と子供の友達関係も落ち着き始めました。

今回の癒しのテーマは解放までに時間はかかりましたが、
波動水を飲みながら 自分を信じ
投げ出さずじっくりと向きあうと
ちゃんと結果が出るのだと実感しました。

どんなに素晴らしいヒーラーさんに
高度なアチューメントを受けても
人任せでは意味がない

この感覚を強く学びました。

いつもありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。


 S様 2017/4/19 up  <4月Relieve個人セッションDAY>
今回のテーマは、生き様そのものが変化する内容でした。

まるで、映画やテレビのミステリードラマの世界でした。

私は、心身ともに過敏な性質で、
生きづらさを感じることが度々ありました。

最近は、過敏反応の感度がパワーアップした感じかして、苦しかったです。

どうすることも出来ず、あたふたしている自分を感じるのが精一杯でした。


今回、謎が解けました。
というより、完全に認めることが出来ました。

私の人生のほとんどの歳月を側に居た2人。
それは、心配し守護するために寄り添ってくれていたとわかりました。

でも、複雑な気持ちになりました。
守護してくれたことには感謝なのですが、
なんとも言えない苦しみがあったので、混乱しました。

というのは、夫との関係を壊す方向に促していたとは…。

今年になって、イライラする事が頻繁で、
理由がわからなくて苦しみました。
労わり合いたいのに、ギスギスした空気感の環境でした。

そして、私の身体にその存在の居場所があって
今まさに体調を崩している部分だったとは…。

今回、セッションを受けて、
その2人がヒカリの元へ帰ってもらってから、変化がありました。

まず、家の中の空気感が柔らかくなりました。
イライラする事も減りました。
とても、不思議な体験です。

今。
ヒカリの元へ帰った2人に感謝出来る自分になれました。
それは、自分の人生、自分を信頼して生きることを決めたからです。

これから、恐れや不安が解放されて生きることが楽しみです。

波動水を飲んで、ひとつ一つ手放しでいきたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

 M様 2017/4/19 up  <4月Relieve個人セッションDAY>
私は、思いを寄せていた男性と関わると、

穏やかに笑っていられるときと、
急にスイッチが入り、いらいらして、
やりこめたくなったり、わからせたくなったり、
目をあわせられなくなることが多くあり、

その感情にのまれてしまい、
コントロールができずにひきずりつづける…というパターンを長くつづけていました。

父親を投影していたのもありましたが、
女性としてみてもらえなかったプライドがむくむくと立ち上がり
いらつきを覚えてしまう、その気持ちを押さえられない状況でした。

感情の揺れ幅が大きすぎてしんどいため、個人セッションを受けました。


彼への気持ちを手放すと決めていても、気持ちが揺れてしまうのは、
女性としてのプライドがあったけれど、
相手からすれば一生懸命向き合ってはくれたけれど、
男女としての関係性は求めていなかったわけで、

私が好きになりすぎて、相手の気持ちを無視して、
もっともっととなっていたこと、
また、相手にも自由があるわけですから、
私の思った通りに反応しなくてもいいのに、
わたしはそこをみたくなくて、思った通りにさせたくなっていました。

楽笑のT&Mさんと話すうちに、
逆の立場ならしんどくて苦しいと感じました。

そして、お互いの思いの違いがあるのですから、
それ以上にはならないということにあらためて気づきました。

冷静になったら、妄想になりすぎてお恥ずかしい話です。
でも、目からうろこで、ふっと力が抜けました。


そこにはっときづいたら、さらに深い部分も見えてきました。

それは、彼との関係がかわってしまったら、孤独になると思っていて、
その孤独になることがイヤだから、
ぎゅっと握りしめて離れないようにしていたのです。

わたしは、もともと孤独を強く感じやすく、
集団のなかにいてもひとりぼっちだと感じ、ぽつんといることが多かったのです。

それは物心ついたときからある感情で、
3,4歳くらいのわたしは父や母をみて、
自分にベールがかぶっているように思って
『やっぱりわたしはひとりぼっち』と思って、母や父との距離を感じていました。

その感覚を味わうのが嫌だったのです。

でも、真の孤独はないことや、
人とのいい距離感を保ちながら、自分らしく生きたいこと、
いろんな人逹との中でも無理せずに自分らしくいることを
わたしの魂は望んでいました。

ですから、わたしは私らしく過ごせるように、アチューメントを受けました。

その後は、まだ彼とあっても、彼自身も反応がでますから、
少しハートがきゅっとしたり、
集団の中でひとりだと感じる瞬間はあります。

でも、そこにはまりこまずに、
『あ、ちがったー』ときづいて、
切り変えるようになった自分がいます。

劇的な変化です。

いつまでもはまらずに、切り替えて、
ちがうことに意識をむけたり、
ちがうことに集中できる自分が とても新しく、本当に嬉しいです。

意識が変わると、
自分が楽になり、
みえる世界も、かわること、
からだが楽なこと、
生き方が楽なことが
今回は体感をともなってよくわかりました。

ほんとうに貴重な体験です。
たくさんたくさん、真摯に向き合い、
あたたかくサポートしてくださった、楽笑のT&Mさん、
本当にありがとうございました。

さらに癒して私らしく輝きますね。

 M様 2017/4/2 up  <マスタリープログラム2017>
先日のセミナーありがとうございました。
わたしは、ずっと想いを寄せていた人への気持ちを手放すことを決めて、
それにむけてのRelieve個人セッションも受け、
違う関係性をつくると自分にコミットしてからのマスタリープログラムへの参加でした。

決めてセッションを受けてから、反応が前よりも少なかったり、
ひどくでてしまっても、もどりがはやかったり、
以前のわたしと比べると少しだけ落ち着いているように思っていたのですが、

なにかがあるたびに、
大事にされない、バカにしやがってと思い、
怒りと悲しみが押さえきれなくなる状況でした。

その怒りと悲しみを探っていくと、
その人に対して一生懸命尽くすことをし、やりすぎるほどにしていて、
相手にこれだけしてるんだからと見返りを期待したり、
わたしだけをみてほしいと独占欲が強くなったり、
いつまでも思い続けて執着心がでたり…

そんなどろどろしたおもいがあり、とても重い感情になっていました。

自分でも好きがどうかすらわからなくなり、
もういいじゃないのと思いながらやめられなくなっていました。

マスタリーの前にセッションを受けたあとから、少しずつ心にスペースができてきて、
ほんとはどうしたい?と問いかけて、
もう一生懸命尽くすとか、
自分がつらくなるほどやりすぎることはしたくない、
ありのままの自分で愛される価値があるのだから、
人の評価に左右されない自分になりたいと思いました。
なにかをすることで愛を得られるわけではないのだから。

わたしはいままで他人にきめてもらうこと、他人が伝えてくれたことで、
自分の価値をみいだしていました。

でもこれからは自分で自分にオッケーをだし、自分軸で生きる選択をしました。

そしてアチューメントを受けました。
そのときに、最近あった体験から相手の気持ちを感じてみることをしました。
受け取った彼の言葉は、その体験のときのものとはちがっていました。

私がきめていたつもりでも、エゴの声が強くて、
まだまだ彼に認めてほしい気持ちがでていたのかなと思います。
エゴはちょっと嬉しくなる言葉だったけれど、
彼の感じていることをきく勇気がなかったなといまはおもっています。

彼と会うときに、一つ一つの言葉や言動に一喜一憂していたわたしですが、
最近は相手がなにかに反応していたり、
わたしにきつくあたっても、あーなにか反応してるんだなぁとおもえるようになってきました。
これこそ練習ですね。

波動水を飲みながら感情を流し、
とらわれたり、考え始めたら、切り替えること、いまはそのくりかえしです。

もうひとつ、私はずっと父親を彼に投影していました。
父親と過ごす時間が少なかったから、
彼にあったときは、見てもらえることが嬉しくて、もっともっとみてほしくなっていました。

勝手に期待にこたえたくなり、一生懸命がんばってがんばってがんばって。
でも思ったようには反応してくれず、見てくれない悲しみが沸いて、
気持ちをぶつけていました。

怒りと悲しみとコントロール。
たくさんの感情をかんじさせてもらいました。

でも、あるときふと客観的にみてみたら、
思った通りではなくても、彼は精一杯見てくれていて一生懸命対応してくれていた。
いろんな愛情の形があるんだと思ったときに、
愛されていたんだと気づき、彼なりの愛なんだと府に落とせました。

影でひっそり会うとか、自分の気持ちをおさえて人にあわせるとか、
そういった我慢はもういいんだということもわかりました。
とても大きな気付きでした。

とりとめのない文章となってしまいましたが、
わたしにとってはほんとに大きな気づきと癒しのチャンスをくださったいい出逢いでした。

わたしは心の底から、自分らしく生きると決めたから、ひとつずつ癒してきらきらと輝きます。

また来月よろしくお願いいたします。

 M様 2017/4/2 up  <マスタリープログラム2017>
「3月の浄化瞑想と癒やされスープの会」から引き続き、
解放したい思いが友達との関係でした。

こんなに根深いものになっているとは思ってもいませんでした。
少し離れてみてみると、今までの関係が異常だったように思います。
今が限界でした。

たくさんの思いが出てきて、次なるテーマも見えてきています。

先ずは、反応しないためのアチューメントを受けて、
コートを見ても、美容室の事も、
そこには動揺しないので、反応していないと思います。
家の中で、物が不思議に落ちたり、音がしたりしているので、構えてしまいます。

セミナー受講前までは、
毎日のように電話で話していましたが、
私がかけるのを止めると、
相手も感じるものがあるようで、あれ以来掛かってきません。

会社では、一言二言仕事上の話しを普通に反応なくしています。

まだエゴが騒いだり、
今の一歩引いた付き合い方が良かったんだと思えたり、
様々な思考でぐるぐるしますが、
波動水を飲みながら、
呑まれない練習、ぶれない練習、自分軸を保つ練習をしています。

アチューメントをして頂いて楽になりました。

まだ、第一歩ですが、もっと古いエネルギーを浄化解放していきます。

私の闇を見逃さず光りを当てて頂いてありがとうございました。

もっと魂の声を大事にしたいと思います。

次回の「マスタリーブログラム2017」が待ち遠しいです。


 U様 2017/4/2 up  <マスタリープログラム2017>
今回のマスタリープログラム、自分にとってはある意味人生の分岐点になりました。

自分が今まで(物心ついたときから)食べることに恐れを抱いていた食べ物…
それが『椎茸』です!

その椎茸を、移住で北海道を離れる今どうしても食べて、
呪縛のようなものから解き放たれたいと思っていました。

そもそも椎茸に持っていたイメージは…父です。
私にとって父は『一番尊敬できる、人生の最終目標であり、
この世の全ての慈愛を持った、威厳と寛容を持ち合わせた神様』のような存在です!

なぜそんな父をイメージするはずの椎茸が大嫌いなのか?
…椎茸の味自体は大好きでダシも粉末も大好きです!

でもあの見た目、歯触り、存在、どれも受け付けません。

自分でもなぜ嫌いかわからない理由
…でも、こんなわだかまりもう捨てたい!そう強く願い、アチューメントにのぞみました。

アチューメントが始まり、私の心の風景に現れたのは、
パートナーや父や母をはじめこれから生まれて欲しいと願う子供達や兄姉や家族で、
食卓を囲んで椎茸を食べている風景でした。

満面の笑顔で椎茸をほおばる子供達、父や母の優しい笑顔、そっと寄りそってくれているパートナー
…光輝く時の中、私も導かれるように自然とそのとき椎茸を口にできました。

いままで持っていた椎茸への恐れが嘘のように、最高の味わいが口に広がった感じでした!
食事のあと、父から「たのんだぞ」と一言掛けられ、
心が何とも言いがたい熱く高揚し、また優しい気持ちになり、
そこでアチューメントは終わりました。

不思議なことにアチューメント後、
実際は食べていないはずの空想の椎茸の食感が口いっぱいに広がっていたのですが、
全くそこに嫌悪感はなく、心地よさと感謝の気持ちがあふれていました!


実はこの日のワーク後、実際に父や母、兄姉夫婦やパートナーで夕食会があったのですが、
そのとき全く抵抗なく椎茸を食べられて、それは本当に至高の味でした!

すごく不思議な1日でしたが、自分の中で腑に落ちたことがありました。

私は父=椎茸とイメージさせて、
心のどこかで表面上の威厳というか風体を怖がっていたんだと思います。

内面は仏のような優しい人なのに『一本独古で商売の世界を戦う男』としての父を強く意識し過ぎ、
自分もその姿(男たる者としての)人生をトレースしようとしていたんだと今、はっきり気づきました!

父が生きてきた人生の本質、優しい寛容な心の本質。
それがわかったからこそ、椎茸の本質もアチューメントによって気付き、
心の底から美味しく食べられたのだと思います!

今回のワークによって、物の本質を知る大切さ、あらためて触れた父の本当の意味での優しさ偉大さ、
そして自分の人生を本当に自分のものとして自ら決めて生ききる大切さを知りました!

そして、両親、兄姉、これから生まれてくるだろう新しい家族
…そして隣にいてくれるパートナーのいとおしさに、
ただただ感謝と愛情でいっぱいになりました!

とりとめのない感想ですが、本当にいま移住を前に、最高のワークを受けられたことに感想しています!

楽笑のT&Mさん、参加の皆さん、本当にキラキラした大切な時間をありがとうございました!


 S様 2017/4/2 up  <リリーブ個人セッション>
先日は楽笑のリリーブ個人セッションで
アチューメントをしていただきありがとうございます。

私は子供の頃から
「きっかけが何なのか覚えていない恐怖症」をいくつか持っていているのですが、
その中でも
最近 急激に恐怖が加速したのが「水風船」でした。

お祭りでよく見かける、ヨーヨーのようにして遊ぶあの水風船です。
出産する前までは全く気にならなかったのですが、
息子が水風船で遊んでいるところを見た瞬間に物凄い恐怖に襲われました。

本来は凧上げや釣りなど
じぶんと何か「大切なもの」の間が細い糸で繋がっていて、
その「大切なもの」が引っ張られ、
糸にストレスがかかって切れてしまう…という状況が怖かったのですが、
それが形を変えて水風船に進化し恐怖まで増幅されたようです。

息子が水風船を円を描くようにブンブン振り回し始めた瞬間
「止めて!!」 と 叫んでしまいました。

もう どう表現して良いのか分からない恐怖です。
ゴムのちぎれる様子が頭に浮かんで 失神しそうなほど。

子供はどうして怒られたのか 混乱していました。
とても申し訳ないことをしたと思います。

そういう場合 今までの癒し方ですと
その恐怖の原因となった記憶を探り、時に過去世へ行き 当時の自分と対話したり
誤解を解いたり 記憶を書き替えたりと、順序を踏まなくてはいけなかったのですが

今回のリリーブ個人セッションでは
その過程を通らず 直接「恐怖」を癒すことが出来ると聞き、
半信半疑でしたが 子供の悲しそうな表情が頭から離れず
体験することに決めました。

心地よいクリスタルボウルの音色と誘導瞑想でリラックスした後、
アチューメントして頂きました。

アチューメントの途中で
もう一度 場面を振り返る誘導の時には まだ恐怖が残っていたのですが、
誘導瞑想が終わって感想を話している時、
想像するだけで悲鳴を上げるほど怖かった ヨーヨーを振り回す場面が
全く気にならない事に気付いたのです。

驚いたと言うより 信じられませんでした。

アチューメント後に本当に大丈夫かどうか実体験をしました。
これは ある意味本当に怖かった(笑)

楽笑のTさんが水でパンパンになった水風船を持ってきて
ブンブン振り回し始めた時 不思議と
「ただそこでTさんが水風船を振り回している」以外の情報が入ってこなかったのです。

試しに自分で振り回してみても大丈夫。

ですが、まだまだ疑り深い私は時間を空けて試してみることに。
アチューメントの時に頂いた波動水を飲み続け、一週間後に実験してみました。

お祭りで売っている水風船に近づけるため
空気と水の割合にもこだわり
ゴムも輪ゴム素材に変えて指をはめる輪を作り、
どれだけぶん回しても大丈夫なように
お風呂場で 二人の子供たちにそれぞれ持たせ
「さぁ、思う存分振り回してこらん!」と言って遊ばせてみました。

全然大丈夫…

子供たちから水風船を奪い取り
「もうちょっとこんな感じで振り回してみて」と、実演してリクエスト

やっぱり大丈夫…(笑)

時折 恐怖を思い出すのですが、
今までとは違う感覚と言うか、自分と一体化していた恐怖が
アチューメントによって ふやけ 分離し、
波動水によってどんどん引き剥がされ、
波動水を飲んだ分だけ恐怖と解離していくような感じで

たまに思い出す恐怖の記憶が
まるで他人の感情と対面しているように感じます。

素晴らしい体験をありがとうございました。



Rakusho ~ 楽 笑 ~

マスタリープログラム 2017
浄化瞑想と癒されスープの会
      ~with Crystal Bowls
マジカルチャイルドコース
ヴォイスヒーリングセミナー
      ~with Crystal Bowls
~願いを叶える~ Magical Tour

<Rakusho☆フェアリータイム>

<個人セッション>
 ・Relieve ~リリーブ~
 ・クリスタルボウルヒーリング
 ・過去世退行ワーク
 
           and so on…


北海道 伊達市
HP
  http://rakusho-justnow.com/

since 2006